フロントエンド・バックエンド連携開発

  1. フロントエンド・バックエンド連携開発

システムにユーザーへ響くインターフェースを。
システムテンプレートの開発は最も得意とするところです。

ユーザーインターフェースからのアプローチ

スマートフォン、特に、iPhoneの普及をフックに日本でもインターフェースの重要性が高まっています。従来は機能要件、システムありきでつくられていた大規模なシステムも、UX(ユーザーエクスペリエンス)、ユーザーインターフェースからのアプローチが増えています。

フロントエンドが得意な会社とシステム会社が得意な会社のギャップ

エンジニアとデザイナーのギャップともいえますが、大規模なシステムを得意とするシステム会社は往々にしてフロントエンドが苦手な会社が多いのではないでしょうか。一方で、Webサイトを中心にヴィジュアルデザイン、HTML/CSSを中心に開発してきたWeb制作会社は大規模なシステムについての理解が乏しいところも多くあります。

フロントエンドとバックエンド連携のノウハウと実績

創業以来、多くのいわゆるシステムテンプレートの開発に携わってきました。システムに組み込まれるユーザーインターフェースの開発は、近年、AJAXの広まりにより、フロントエンドで処理する範囲も広がってきています。また、APIについての理解、高度なJavaScript開発のノウハウ、システム開発プロセスの理解が必要とされます。

インテリジェントネットでは、マーケティング、ユーザー視点でのプロジェクトとすべく、私たちがプロジェクトマネージメントに立ちシステム会社をマネージする形から、大手Sierと並列、アンダーに入った開発のどちらも多くの実績があります。

サービスに関するお問い合わせ

マーケティング、フロントエンド、バックエンドの知見と経験で、企業と生活者のより良いコミュニケーションをご提案します。