紙からWeb業界に転職した24歳ディレクターが、1年で感じた社風・文化

  1. 紙からWeb業界に転職した24歳ディレクターが、1年で感じた社風・文化

こんにちは!肉とお酒が好きなディレクターの友常です。

こちらはプロジェクトの打ち上げでの一枚。会社近くのおいしい沖縄料理屋さんです。

tomotsune-1year-index.jpg

今回は、実際に入社してみないとなかなかわからない、私が入社後1年間で感じたインテリジェントネットの文化や社風についてご紹介してみたいと思います。

アットホームな雰囲気

あまり積極的に自分から話しかけるのが得意でない私は、入社してすぐはうまくやっていけるかなと色々不安になりましたが、そんな不安はすぐに消し去ってもらえました。
私が入社したときは歓迎会を開いていただき、あまり話したことのない人とも話す機会を作っていただいて嬉しかったことを覚えています。
最近では時短のメンバーもいるので気軽に参加できるよう、会議室を使った会社でのランチ歓迎会が定番化しつつあります。この時間もアットホームな感じで私は好きです。

入社したばかりで会社のことが何もわからなかったときも、誰に聞いても嫌な顔せず教えてくれて、ちょっと困った雰囲気を出してキョロキョロしているだけで「大丈夫?」と声をかけてもらえたりも。

私がとてもよい環境だと思って、私の前の会社の同僚に話したところ興味をもってくれて入社が決定!その時も、入社前からみんな「どんな性格の子?」「何が好きなの?」と興味津々で、ランチに誘おうと声をかけるなど、仲良くなろう、馴染めるようにしよう!と気にかけてくれる人が多くいます。

やっぱり、仕事をする上でメンバーの雰囲気というのは重要です。話しかけやすい=困ったことを相談しやすいので、なにか困ったことが起きた時に気軽に相談できるため、大きなエラーになる前に、未然に防ぐことが出来ているのではないかと思います。

また、インテリジェントネットでは、毎日日報を書くことになっています。
日報では、普段なかなか話せないメンバーも色々コメントを書いてくれます。自分から積極的に話すのが苦手なわたしでも、誰がどんなことをしているのか、どのくらい忙しいか、趣味や人となりがなんとなくわかってきます。リモートワーク期間でなかなか会社の人と話せない環境になった今、重要なコミュニケーションツールになっています。
困ったことや、質問するほどでもないな、と思うような些細なことを日報で書くと反応がもらえるので「ちゃんと見てもらえている!」という安心感があります!

新人でも意見しやすいフラットな環境

インテリジェントネットは「質問責任」と「説明責任」を大事にするという文化を作ろうとしています。

「質問責任」「説明責任」とは、"社内制度や人間関係、誰かの発言などに対してモヤモヤしたことがあれば、小さなことでも質問・意見する責任があり、また、質問された側にはちゃんとそれに対して答える責任がある" という考え方です。最近の新人さんには必ずこの考え方を伝えるようにし、意見を言いやすい環境を目指しています。

もともと社内の人間関係もフラットな雰囲気があり、先輩方もどんな質問もちゃんと受け止めてちゃんと答える!という姿勢を持って接してくれるので、なにか聞いた時に流されたり、馬鹿にされたり、頭ごなしに否定される・・なんていうことは絶対になく、どんな意見でも一度受け止めて真摯に答えてもらっています。これは他に転職してきたメンバーもとても感動していたので社風・文化なのだと思います。

新人さんでも、普通「こういうことは言いにくいな」と思うことも、「こんなこと聞いたら馬鹿だと思われるかな」ということも聞きやすく、自然とこの文化が根づいているように感じます。
わからないことは聞けるし、納得するまで話すことができるので、私もモヤモヤを残すことなく、スッキリした気持ちで仕事に取り組めています。

やる気があれば挑戦できる

小さい会社でいろいろな案件が動いているので、チャンスが回ってくるスピードがとても早いです。

私は、入社6ヶ月くらいで新規案件のPM(プロジェクトマネージャー)を担当し、立ち上げから公開まで一通り経験させてもらいました。 Webの立ち上げ自体が初めてだったので、もちろん先輩にたくさんフォロー・アドバイスをいただきながらでしたが、PMの役割としての「最終判断」のところは任せてもらえたので、「自分の案件」という責任感・緊張感をもってやりきることが出来ました。

それまでは、アシスタントディレクターとして先輩の指示を受けながら仕事をしていたのですが、PMとして何でも自分で判断しなければいけない!という状況になって初めて、考えなければいけないこと、見えたもの、新たな学びがたくさんありました。

普通は、入社数ヶ月でこんな立場に立つことは難しいかもしれません。または、ただの無茶振りをする環境か。フォローが必要な新人に教えながらやるのは時間がかかるので、効率を考えると、もう少し経験を積んでからやったほうが本当はいいかもしれません。ですが、早くから責任感と緊張感のある機会を与えてもらえることで、成長のスピードは格段に早くなっていると思います!

フラットなあたたかい雰囲気の中で、若いうちから力をつけていきたい!という方はぜひ、インテリジェントネットへお越しください。

私たちインテリジェントネットには、成長の機会がたくさんあります。ご興味がある方はぜひ。採用情報ページよりご応募ください。インターンも通年対応して行こうと思っています。
また、Wantedlyでも募集を出しています。気軽に面談から!という形でも対応可能ですので、ご希望の方はご連絡お待ちしております。

サービスに関するお問い合わせ

マーケティング、フロントエンド、バックエンドの知見と経験で、企業と生活者のより良いコミュニケーションをご提案します。

インハウスデザインチームのリアル