インテリジェントネットって、どんな会社なの? 新入社員が入社3ヶ月で感じたこと

  1. インテリジェントネットって、どんな会社なの? 新入社員が入社3ヶ月で感じたこと
furusawa-3months01.jpg

みなさまこんにちは!
昨年、11月より入社しました、新人デザイナーの古澤です。
まもなく入社してから3か月が経とうとしていますが、まだまだ日々勉強中です!今回は、そんな私が入社して感じた「インテリジェントネット」のことを実直にお伝えしたいと思います!

1)インテリジェントネットはどんな会社?らしさを私なりに読み取ってみる
2)私が今、経験していること
3)私が好きなところ、自慢したいところ

1)インテリジェントネットはどんな会社?

furusawa-3months02.jpg

ズバリ、インテリジェントネットはどんな会社なのでしょう。
私なりに一言でお伝えするならば、

クライアントに寄り添って一緒に問題解決をしていく、
Web制作会社。

です。自社サイトでは、インテリジェントネットらしさを、

ユーザーと長期的な関係を構築していくマーケティング、Web施策を得意としています。

マーケティングと開発、フロントエンドとバックエンドのはざまを埋める。

といったような表現がされています。

どういうことでしょうか?まだ私だけでは伝えきれないので、代表の和田にヒアリングした内容を私なりに読み解いてみたいと思います。

長期的マーケティングとは

なぜあえて長期的、なんでしょうか。

マスマーケティングの悪い側面でもあった、土足マーケティングともいわれる一方的で短期的視点でのマーケティングから、インターネットの登場によって、企業とユーザーがより近く、フラットになり、長くユーザーと良好な関係を作っていくことが大切になりました。これは、2000年の創業時からずっともっている考えです。長期的という言葉はそういった思いを表しています。
その結果、「すぐ」効果を出すということ「だけ」を目的としたプロジェクトや顧客を「囲い込む」といった考えのプロジェクトは考えがマッチしないのでほぼやっていません。B2Cももちろんありますが、B2Bのプロジェクトが結果的に多いのは、意志決定までの検討プロセスもその後のおつきあいも長いので私たちの考え方とマッチしたからですね。

とのことです。

なるほど、時代の流れに合わせつつも、自社の創業当時から大切にする考えを貫き通し、相手に寄り添いながら一緒に成長をしていくといった感じでしょうか。そういった考えがあるからか、クライアントにだけでなく、社員に対しても長期的な考えでいてくれているような気がします。社員に寄り添ってくれて、スキルアップやキャリアについて一緒に考えてもらっていると感じることが多いです。

furusawa-3months03.jpg

フロントエンドとバックエンドのはざまを埋める

フロントエンドとバックエンドのはざまとはなんでしょうか?

先の通り、長期的マーケティングを意識した施策に取り組んでいるなかで、「実際に」解決策も実装できなければなりません。
その実装されるものは、フロントエンドの技術で実装されるUIとバックエンドの技術で実装されるシステムで出来ています。以前は、静的なWebサイトのようにフロントエンドだけで実装されるものもあったけれど、今、多くのWebサイト、アプリケーションはフロントエンド、バックエンドが密接に関わっています。デザイナーとエンジニアのはざまを埋める、ということにも近いです。
ここは言うは易く行うは難しで、プロジェクトの目的をぶらさずにディレクションしていくノウハウは一朝一夕では身につきません。
多くのこういったプロジェクトにかかわらせて貰ったノウハウがこのはざまを埋める、というところです。

なるほど、なので社員の多くがデザイナーやエンジニアとしてつくり手を経てディレクターになるキャリアパスが多いのですね。たしかに、手にしたスキルや経験を作り手だけの範囲に限定せずに、ディレクションに生かしていくことで、出来るとこや表現の幅が広がるのだと思いました。また、絵を描くのが得意、人と話すのが得意など、直接的でなくても自分の強みを生かすことで、さらにオリジナリティをもって開発を進めることができるんですね!

こんな考えが反映されているサービスを知りたい方はこちらへ!

2)私が今、経験していること

furusawa-3months04.jpg

私は、未経験の状態で入社しました。
もともと新卒で入った企画広告の制作会社で事務・広報業務をしていたのですが、同期のWebデザイナーが日々楽しそうに制作をしていて、私もつくりたい!と思ってスクールに通い、未経験ながらもWebデザイナー・ディレクターとして採用してもらい、インテリジェントネットに入社しました。
入社後、私は何をしているかというと、キービジュアルのデザインや、サイトの運用・更新、開発、そして最近ではディレクションも少しずつやらせてもらえるようになりました。
どれも初めてのことばかりでまだまだたくさんの指導をいただきながらの業務ですが、どれも大変楽しいです。自分が手を動かしたものが実際に世に出て、人の目に触れ、利用され、機能を担っているのだと思うと誇りに思い、とても嬉しい気持ちになります。
また、私は写真が大好きで、学生の時は写真部に所属し、日々暗室で写真を焼いていました。
そのため、社内ものの写真撮影をさせててもらったりして、やりたいと思ったことも、伝えれば機会をもらえます。

3)私が好きなところ・自慢したいところ

furusawa-3months05.jpg

東京タワーが社内から見える!
東京タワーは常に社内から見えるので、都会を感じます。いつもインテリジェントネットを見守ってくれています!
また、芝公園が目の前。暖かい日はみんなで芝公園でピクニックランチをすることも!

先輩がみんな美人!
見た目はもちろん、中身も美人。 入社した時、皆さん美人さんだなあと思いました。しかし、美人なのは見た目だけではありませんでした。 中身も美人!心配りや思いやり、気遣いができる。やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶ。ONとOFFの切り替えがうまい。よくわからない時も常にワクワクしている。などなど・・・メンバーの魅力、たくさんあります!現在も日々発見中です。

ちゃんと言えて、ちゃんと見てもらえる!
毎日日報を書いて提出しています。
そこではその日に何をしたのか、何を感じ、何を思い、何がしたいのか。また、伝えたいけど伝えられなかったことなど、なんでも自由に伝えることができます。
そして、自分の作業において、時間や作業内容を記録して後で振り返ったり共有することで、書いたことに直接の先輩やメンター以外の方もコメントをしていただけることも多いので、アドバイスや意見を頂ける場にもなっています。
先輩方の日報も読むことができるので、気になったことは私でもコメントすることができます。
こうして、日中忙しかったりタイミングが合わなくてできなかったコミュニケーションも、日報で補うことができています。ちなみに、日中はチャットが多く飛び交い、席での小さな会話なども多くあります。

興味を持っていただいた方はぜひ気軽に話を聞きに来てください

furusawa-3months06.jpg

ここまで読んでいただきありがとうございました。

最後にですが、現在インテリジェントネットでは、いろいろな職種で新メンバーを募集しています!自社サイトはもちろん、Wantedlyからは気軽に面談からでも受け付けていて、自社サイトには掲載していない日常や紹介も多く掲載しています。

私のように経験が浅くても、インテリジェントネットではカルチャーフィットを大切にして採用活動をしているので、ぜひご興味をお持ちの方はご応募ください!

Wantedlyで多くの職種で募集しています

サービスに関するお問い合わせ

マーケティング、フロントエンド、バックエンドの知見と経験で、企業と生活者のより良いコミュニケーションをご提案します。